派遣登録の仕方とは?登録は簡単にできる?単発・複数登録OK?

数ある人材登録会社のうちアデコに決めようとしたときにどんな評判があるのかチェックしておきたい気持ちになるでしょう。

特にネットには様々な会社の情報が多々見受けられます。

良いものもありますがもちろん悪いものもあります。

スタッフ経験者のお話は参考になる部分もたくさんありますがその中でも信憑性の高いものを選出していかなくてはいけません。

どんな話もまるまる鵜呑みにするのではなく自分の知識や経験から信憑性の高さを判断し答えを導くのです。

例え同じことを経験しても人が違えば評価は真逆になる可能性もあります。

まずは小さなことからでも行動を起こすことが大切です。

派遣という働き方の場合はとにかくまずは人材として登録してもらいお仕事を紹介してもらえるスタッフにならなくてはなりません。

必要な事前予約について留意点をいくつか挙げてみましょう。

予約は確実に時間がとれる日時で決めます。

当然ながら遅刻はNGです。

もしもどうしても間に合わないというときにはその旨連絡をしましょう。

時間厳守という最低限のマナーも守れない人に仕事は紹介しにくいですよね。

当日はシステムの説明やいろいろな手続き、また面談などをします。

その日のうちにお仕事を紹介してもらえることもあるそうです。

一時期から周りでよく聞くようになったいわゆるブラックな会社とはどのようなところなのでしょうか。

調べたところ、サービス残業当たり前だったり重労働を強いたり違法に働かせたりして大勢の社員を使いつぶすような扱いをする会社を指すとのこと。

これは災難ですが紹介された就業先の企業がそんな体質の良くないところだった場合もあるそうです。

担当者にはきちんと希望を伝え前任者の離職率が異様に高いところなどグレーなにおいのする企業は回避したいものです。

いわゆる派遣会社というのも事務系が主であったり大企業の求人が多かったりとそれぞれの会社によって得意分野が異なるようです。

各会社の情報を比較しつつおすすめのところを教えてくれるサイトもあり上手に活用すれば自分の条件に合ったお仕事を見つけやすいと思います。

案件数の多さやきちんとサポートしてもらえるか、実績の多さやスタッフ満足度の高さなど会社を選ぶ際には多くの点が重要なポイントとなってきます。

まずはじめに自分の中の優先順位をはっきりさせておくことが第一歩となります。

派遣の求人が特に集中する時期というものがあるのだそうです。

中でも新年度で就業する案件が最も多いそうでその時期の少し前、つまり3月や9月に数が増えるとのこと。

その一方で実際に経験した人のお話によると1月や2月にも良い条件のものが豊富だったそうです。

特に4月に仕事が始まる案件は希望者数が多いだけでなく新卒採用とも重なるのでむしろ困難だという人もいます。

何はともあれ事前の準備は早めにしっかりしておくことが大切なので時間に余裕のあるうちに登録会等しておきましょう。

今は派遣社員という立場であってもいずれは安定した道を選ぼうと考えている人もおられるでしょう。

経験者のお話をリサーチしますと実際就労した先での正社員登用を目指して頑張るよりもむしろ他で探すという選択肢を薦めている人が多い印象です。

確かに雇う側からしてみれば正規雇用の人たちも敵わないようなスキルを持っているなどよほど会社の利益となる人でなければ雇用形態を変えるメリットがないということなのでしょう。

あり得ないケースではないのですが可能性は低いようです。

仕事を見つけるためにネットを利用するという人は多いことでしょう。

またスマホやタブレットも多くの人が携帯するようになり最新の求人情報探しが可能となっています。

お昼休憩の間などでもわずらわしいことなく調べられるようになったので少しの時間も無駄なく使っているという方もおられるでしょう。

また良い情報を手に入れるために登録会社の担当者と信頼関係を築いておくことも必要です。

こちらの希望を伝えるだけではなく合わせてやる気をアピールしておけばタイミング良く仕事を紹介してもらえるかもしれません。

仕事を斡旋してもらう会社を選ぶ際実際どこに決めるかという判断はたいへん重要な点でのちの労働環境のカギを握る部分です。

では間違いのない良い会社の選び方ってあるのでしょうか。

選択を失敗しないためにまずしなければならないのは自分の要望をはっきりさせることです。

ぜひ通したい労働条件や自分の長所を厳選して絞り込みそれに沿って選べば失敗することは少ないでしょう。

またそうして選んだ複数の会社に登録して探すことでより良い仕事に就ける確立を上げることができますよ。

様々なサイトでそれぞれの派遣会社の評判を見てみると、安定感のあるイメージが強いリクルートスタッフィングに実績が豊富でしっかりしたサポートのあるアデコ、スタッフ満足度の高いフォロー体制があるテンプスタッフなどがしばしば登場しています。

参考:派遣登録の仕方って?登録の流れは?【単発・複数登録OK】

実際に登録をするという際は豊富な求人数だけでなく仕事がもらえるまでの迅速さや仕事環境を整える努力についても調べておくと良いと思います。

研修プログラムや相談窓口があるようなところは高く評価されているようです。

登録してはいけない会社の噂について少しだけ調査してみました。

多くの人のジャッジにひっかるのは登録会の第一印象からしてあり得ない会社です。

実際働くとなればコーディネーターや営業の人と嫌でも深く関わらなければなりません。

能力も人間性も信頼できなければ任せておけない気持ちになってしまいますしトラブルでも起きたときにはフォローも期待できないかもしれません。

人で成り立っていることをちゃんと理解している会社ならば企業やスタッフとの意思疎通を大事に思ってくれるに違いありません。

そういったところで働きたいですよね。

派遣会社として名前を知られているアデコ。

さまざまなランキングでその名前を見かけることがあります。

特に仕事とのマッチングに関して評価されており就業を継続したいと考える人も多いとのこと。

また一口に登録会社とはいっても各会社でストロングポイントが違うようです。

一例として全国に展開しているような大手であれば福利厚生なども整えられ幅広い案件から仕事探しができます。

大手資本を持っている会社であれば関連会社への就業がほとんどなので狙いが定めやすいでしょう。

人気の派遣会社をランキングしてみても会社に何を求めるかによって選ばれるところは違うようです。

スタッフが人に勧めたくなるくらい評判が高かったのが大手のため基本がきちんとしていると評判のリクルートスタッフィングなど。

契約が満了となっても登録し続けたい会社には人材の質が高いと噂のアデコなどがありました。

それから就業先での仕事に関する満足度ではサポートに定評があるアデコなどの名前がありました。

とはいえ評価する個人の印象等で評判は左右されてしまうのであくまで参考程度に考えていただければと思います。

派遣社員として働くとき、私たちが直接契約をしているのは登録会社でありどの企業に割り振られるかは登録会社に任せられています。

登録会社は企業にかわって人手を見つけて仕事に見合った労働者を選出し送り出すわけです。

この流れに忠実にいくと企業は人材を直接選べません。

よくある企業訪問や顔合わせは就業決定後実際働くとなれば必要なことですし法的にもあり得ますが事前に人材を選ぶために企業が面接するのは違法行為です。

実際は曖昧なことも多いようですが誠実に対応してくれるところを探したいものです。

収入が不安定という派遣社員の印象のせいなのか副業をしたいと考える人もいるかもしれません。

実際するとなるともちろん本業での確認が必須ではありますが、時間的には余裕があることが多い雇用形態ですので何かを始めてみるのもステップアップの一助となるかもしれません。

最近ではアフィリエイトなどネットビジネスも人気のようですね。

ここで気を付けなければならないのが確定申告です。

本業以外の収入が20万円を超えると必要となってきます。

そうすると普通は本業の方でも確認が入るらしいので契約違反にならないようにきちんと調べておきましょう。

世の中には2chで情報収集をするという人もいると思います。

ある種リアルな情報が得られる場所とも言えるので面白くも勉強になります。

もちろんすべて鵜呑みにすることはできませんがどんな情報も頭に入れておいて損はないと思います。

派遣会社の情報が書かれている板を見ていくと担当者までわかりそうなほど詳細な話もあったりします。

注意しなくてはならないのはこうした場所には悪い情報が集まるということ。

自分が知る良い情報によりわざわざライバルを増やしかねないわけですから。

必要な情報の取捨選択が必要になってきます。