各ヘアカラーリングの特徴を調べました

みなさんは、各ヘアカラーリングの特徴を知っていますか? 各ヘアカラーリングにおける特徴を知ることは、用途に応じた使い分けができることを意味しているのです。
髪の毛を染める上で、この使い分けができると、かなり楽なのです。
特に、コスト面においては、重要な意味を持つのです。
しっかりと各ヘアカラーリング剤の特徴を把握し、自分の用途に合った商品を購入するように、心がけてくださいね。
ヘアカラーに代表される永久染毛剤は、酸化染毛剤と非酸化染毛剤があるのです。
そのうちの酸化染毛剤は、一回のカラーリングで、2~3ヶ月は持つと言われているのです。
もちろん、これはあくまでも目安で、これ以上持つ場合もあれば、1ヶ月程度で、色が落ちてしまう、ムラができてしまう場合もあるのです。
一方の非酸化染毛剤は、酸化染毛剤と比較すれば、やや色落ちが早くて、基準としては、1ヶ月程度なのです。
ただ、パーマがかかりにくく、染毛の際の操作が、やや手間が掛かるなどの問題もあるのです。
脱色剤であるブリーチは、2~3週間の色持ちになるのです。
あまり長く持つわけではなくて、髪へのダメージが懸念される染毛方法なのですが、実は頭皮にかかる負担は、ほとんどないのです。
過硫酸塩を含んでいる場合には、稀にかぶれてしまうのですが、それ以外の商品なら、頭皮へのダメージは心配無用なのです。
尚、ヘアマニキュアも、色持ちは同じくらいなのです。