安定した収入得るなら公務員?

薬剤師というだけでも安定収入が望める職業ですが、さらに公務員ともなれば犯罪などを起こさない限り仕事を失うおそれもありませんので、人生の計画立てやすい職業の一つと言えるでしょう。
そんな薬剤師の公務員と言えば都立や県立病院の調剤業務や、保険所での環境や食品衛生監視関係業務などがありますが、その他にも麻薬取締官など特殊的な業務もあります。
しかし、確かに安定した収入は見込めるものの、都立や県立病院勤務の初年度の年収は350万円程度と言われていますのでけして高収入とは言えないようです。
その為、収入をもっと増やしたいと考える薬剤師の方も意外と多く、この安定した生活を捨ててまでも転職をする薬剤師もいるようです。
高収入を望める職場は医薬メーカーの開発や研究などがありますし、万が一リストラ等をされたとしてもすぐに転職先を見つける事ができるのが薬剤師の最大の魅力でしょう。
公務員試験の難易度は超難関?【LECの合格できる勉強法とは?】